第58回 日本癌学界総会

演題名:
 
ESR(電子スピン共鳴装置)によるマイタケの活性酸素ラジカル消去活性の評価

演者・共著者:
 
大上英夫・斎藤智裕(富山医薬大・医・2外)、
 田澤賢治・並川宏英・老田尚子・水本淳(富山医薬大・医・看外)

本文妙録:
 
マイタケから抽出された多糖類が抗腫瘍活性を示すことが報告されている。
私達は抗腫瘍性を調べる為、活性酸素ラジカルおよび水酸基ラジカルに対するマイタケの抑制効果を調べた。

 マイタケの子実体試料は、MD-フラクション(熱水抽出液の粗精製粉粉末)、子実体の乾燥粉末、熱水抽出液(100℃、20分)の3種類とし、濃度はそれぞれ0.2mg/ml ,2mg/ml ,20mg/ml とした。

 2つのタイプのフリーラジカルに対するマイタケの消去活性の強さは、次のように示される。
 1.活性酸素ラジカル:MDフラクション>熱水抽出液>マイタケ粉末
 2.水酸基ラジカル:MDフラクション>マイタケ粉末>熱抽出液

 この結果は、マイタケが抗腫瘍物質の一つとして有用な活性ラジカル消去剤であることを示している。



BACK