Menken Report No.1

全米にブームを呼ぶ“マイタケ効果” 多くの臨床例で抗がん作用を確認



今、日本で注目の的になりつつあるのは、日本でも古来から珍重されてきたキノコ“マイタケ”。ここでは、代替医療に欠くことのできない驚異的なヒーリングパワーのメカニズムを探る。

日本人の研究によってマイタケには強力な抗がん作用・抗ウイルス作用・免疫強化作用がある、又血圧や血糖値を下げる作用があることがわかってきた。

 代替医学の権威であり、自然治癒力研究の第一人者であるアンドルー・ワイル博士は癌やエイズを始め、免疫系に問題がある患者、慢性疲労症候群や、慢性肝炎の患者、環境中の有害物質に、汚染されている患者にマイタケを勧めている。
 患者さんに処方するだけでなく、ワイル博士自身が飲んでいるという『マイタケDフラクション(液体エキス剤)』は、マイタケから抽出される特有の成分で、もっとも効率よく摂取できるように工夫された、蛋白結合多糖体である。
TOPへ

・がんと闘うキノコ


 従来からがんに対してはいろんな治療法が試みられてきたが、どれも決定的な方法ではなかった。
 最近の研究で、キノコに含まれる多糖体β-D-グルカンが、がんの症状を改善させることがわかってきた。
 ガンの発生や増殖を押さえる機能は、キノコに含まれる成分が免疫担当細胞のマクロファージ(食細胞)、NK細胞、T細胞、B細胞、補体などを刺激して、免疫機能を活性化することでがん細胞を抑制・排除しようとする。
 β-D-グルカンの制がん機構は、免疫機能を賦活増強することによって、がん細胞の増殖を抑制・排除しようとする免疫療法に属する。このβ-D-グルカンが中心となって、ヘテログリカン、キチン質、ペプチドグリカン、食物繊維などが力を合わせて、相乗的な威力を発揮する。
 がん細胞は正常な細胞が悪性化したものであり、増殖を繰り返し、転移・再発する。がん細胞だけに作用し、正常な細胞を損なわず、副作用や害のない化学薬品の開発は用意ではない。
 そこで登場し、重要な役割を担っているのが免疫療法剤としてのキノコ多糖体である。すでに制がん剤としての開発も行われてきた。日本では、シイタケ、カワラタケ、スエヒロタケから三種三様の多糖体制がん剤が実用化されている。

TOPへ

β-Dグルカンの免疫機能賦活作用図

・脚光浴びる代替療法

 『マイタケDフラクション』の開発者である神戸薬科大学の難波宏彰教授が先陣を切ってマイタケに関するデータを収集してきた一昨年、全米がん治療シンポジウムで発表した内容は大きな波紋を広げ、アメリカの研究チームがデータをつぶさに検証することになった。
 その結果、がん細胞の抑制に効果的で、代替療法的に使えることが認められた。
 難波教授は、マウスやラットを使った実験で、マイタケから抽出したD-フラクションという物質にがんの転移と再発を抑えるすぐれた効果があることを発見した。D-フラクションは、約10年前に難波教授が発見したβ-グルカンという多糖体と蛋白質の結合体だが、これにがんの増殖を抑える力があり、しかも経口投与の場合でも腹腔注射や静脈注射をした場合とほぼ同等の効果があることをつきとめた。
 さらに難波教授は、D-フラクションにがんの増殖の抑制だけでなく、患者に恐れられている転移と手術後の再発を抑制する効果があるかどうかを、マウスを使って実験した。D-フラクション非投与群の転移がん病巣の数を100とすると、投与群ではわずかに7.9で、転移抑制率は92.1%であった。また、ラットに肝臓ガンを移植し、抗ガン剤とD-フラクションの併用実験を試みた。これにより、抗ガン剤の単独投与に比べてD-フラクションの相乗効果が改めて確認された。
TOPへ


・がん治療の現場で使用


難波教授は、がんの種類別にD-フラクション有効率を比較している。下図のとおり、乳ガン(Breast Cancer)の中では、50mgのD-フラクションと6mgのグリフロン錠を服用したグループは、15人中11人に治療効果がみられ(すなわち73%の成功率)、また、D-フラクション、グリフロン錠に化学療法を加えたグループでは、15人中13人に治療効果がみられた。つまり成功率86%。また、最下段の骨肉腫については、D-フラクションとグリフロン錠の組み合わせだけでは、5人すべて治療効果が得られなかった。
 難波教授によると、D-フラクションは細胞性免疫担当細胞であるマクロファージやT細胞を復活させ、それががん細胞の増殖や転移の抑制に直接寄与しているという。
 同じ免疫賦活作用をもち、すでに抗ガン剤としても厚生省の認可を受けているレンチナンは、同じキノコの仲間であるシイタケから抽出されたものだが、同様の動物実験ではレンチナン単独では転移抑制効果はなく、抗ガン剤との併用によってのみ一定の効果が期待できるという報告が過去あることから、D-フラクションの方が、より効果的と考えられる。
 実際にアメリカでは治療の一環としてだけでなく、緩和ケアとしてもD-フラクションが使われ始めている
 また、抗ガン剤の副作用が問題になることが多いが、その点、D-フラクションなら安心。化学療法にともなう副作用も緩和してくれる上図は、中心点が副作用の最悪の状態を示し、外に広がるほど緩和されていることを示す。

 これらの研究の結果、がん治療の基礎研究では世界最高峰と言われるNCI(アメリカ国立がん研究所)によって確認され、1992年にNCIのゴードン・クラーク博士がD-フラクションの有効性を発表した。その後、D-フラクションは基礎研究者ばかりでなく、臨床医の間でも高く評価され、全米に七つの病院をもつアメリカがん治療センターをはじめとする、がん治療の現場でも使用されている


※上のグラフは(上から順に)、乳ガン、肺ガン、肝臓ガン、前立腺ガン、脳腫瘍、白血病、胃ガン、骨肉腫 TOPへ

・良いものは医師も積極的に採用

 D-フラクションやグリフロンが、アメリカで信頼を勝ち得たのはなぜか。
 むしろマイタケの薬効を示す文献は数多くあるので、医学、化学の知識のある人からの反響はよかったが、逆に一般消費者や小売店の方が、キノコ類に対する固定観念が強く、菌類であるために毛嫌いされ、栄養も低いとみられて、医師の市場に比べ、反響は弱かったという。
 そこで、医師を中心に、まず使ってもらい、その効果を体験してもらうことで、高い信頼を得てきたわけである。
 誌面の関係でごく一部だが、寄せられた声を紹介しておく。

 「マイタケの抗がん作用については、すでにしっかりとした基礎研究があるので、私どものセンターでは、臨床のデータ収集に注力しています。当センターでは通常の化学薬品や放射線治療と、マイタケのように副作用のない代替療法を併用して、相乗効果を期待するとともに両方のメリットを最大限生かしています。またFDA(アメリカの厚生省に相当する)の承認を得て、大規模の臨床実験を行う計画をすすめています。マイタケを併用して気づいたことは、化学療法の最大のデメリットである副作用が軽減されているという点です。データとして残っていないのが残念ですが、吐き気、食欲不振、不眠、痛み、脱毛、下痢等々、患者の苦痛が明らかに緩和されています。これは患者の生命の質(クオリティ・オブ・ライフ)を高めるという観点から大変重要なことです。」(マイケル・ウイリアムス博士/イリノイ州ザイオン市・アメリカがん治療センター医院長)

引用文献 「癒す心、治る力・実践編」アンドルー・ワイル著 上野圭一訳 角川書店

キノコ抽出物の注射投与による抗腫瘍効果比較
(ザルコーマ180使用)

キノコ抽出物

服用量(体重1kg当たり)

抗腫瘍効果(%)
対照群

マイタケ
(D-フラクション)

0.5mg
1.0mg

86.0
86.6
シイタケ(レンチナン)

1.0mg

54.4
カワラタケ(P.S.K)

300.0mg

−7.1
レイシ

1.0mg
50.0mg

5.2
46.8
ヒメマツタケ
(アガリスク)

1.0mg

38.1

神戸薬科大学難波教授資料
ユナイテッド・テレビジョン・ブロードキャスティング(ロサンジェルス)特別番組にて放映
(95年9月)

TOP