臨床例1

“補助栄養と癌治療のシンポジウム”で発表された典型的な臨床例をいくつかご紹介しましよう。いずれもMD−フラクションとマイタケ錠剤を経口で服用して症状が改寿された例です。

(1) 51歳男性、肝臓癌第三段階:
1993年より、アドリアマイシン(ADM)という化学薬品を投与されていたが、十分な効果がなく、副作用がひどいため、アドリアマイシンの継続を拒否。その後、一日にMD−フラクション・エキスを35mg、マイタケ原末の錠剤を4グラムづつ服用し、8ヶ月後、患者のビリルビンとアルプミンの値が改善された。ビリルビンは4.7mg/dlから1.8ml/dlへ、アルプミンは2.1g/dlから3.7g/dlへ改善され、さらに、プロトロムビンの活性が36%から92%に上昇。結局、ガンの進行段階は第三段楷から第二段楷へと、医師の診断が変更された。

(2) 56歳女性、肝臓癌第三段階:
この患者の場合、血清ビリルビンが3.5mg/dl、アルプミンが2.8g/dl、プロトロムビンの活性が48%と低く、進行第三段階と診断された。すでに、腫瘍の直径は2cm、さらに、リンパ節への転移が確認されていた。1994年一月に動脈に注入用カテーテルを通し、ADM、シスプラチン(CDDP)、5−FUなどの化学薬品を投与したが、一向に改善が現れず、同年12月に、マイタケ療法を開始。毎日、MD−フラクション・エキスを55mg、マイタケの錠剤を6グラム飲み、翌年7月には、ビリルビンは2.7mg、アルプミンは3.1g、プロトロムビンは、63%にまで改善された。結局、進行は第一段階という診断が下された。             −

(3) 53歳女性、肺癌第三段階:
1993年11月に、進行が第三段階と診断され、CDDPを80mg/m、CPAを350mg/m、ADMを50mg/uと、化学薬品が投与されたが、結局、副作用に堪えられず、1994年3月に薬品の投与を停止。その後、毎日、MD−フラクションを50mg、マイクケの錠剤を4グラムづつを取り、14ヶ月後には、進行段階が第一段階まで改善された。

(4) 71歳男性、肺癌第四段階:
主治医より、末期第四段階、余命3ケ月未満と診断された。すでに、化学薬品の投与も手遅れで施せない状態で、マイタケに頼る形となり、毎日70mgのMD−フラクション9グラムのマイタケ錠剤を摂取した。残念ながら、その20ケ月後亡くなったが、腫瘍が小さくなり、あらゆる症状も緩和され、亡くなられる直前の診断は第三A段階まで持ち直していた。また、転移していた腫瘍も消えていた。家族の話では、あまり痛みを訴える事もなかったと言う。結局、この忠者さんは亡くなってしまいましたが、当初の余命3ケ月という診断を17ケ月も延命できたのは、マイタケの効果であったのではないでしようか。

(5) 45歳女性、乳癌:
この患者さんは,ER十(エストローゲン陽性)で、腫瘍は直径1.8cmでした。1992年の4月に、一つの乳房を切り取る外科手術を行い、同時に5−FUとADMの化学療法をはじめ、1994年の2月まで施しました。ところが、同年4月には再発、直径0.9cmの腫瘍でした。今回は、手術を拒否し、大量のマイタケを飲む事としました。毎日、100mgのMD−フラクション50グラムのマイタケ錠剤を取り続け、半年後に、D−フラクションの摂取量を50mgに減らしました。1995年5月、再発した腫瘍は完全に消滅した事を、主治医が確認いたしました。

(6) 44歳男性、脳腫瘍:
この臨床例は、MD−フラクションがとても良い効果をみせた例です。この患者さんは、化学療法も放射線療法も取らず、4ヶ月間、毎日、MD−フラクションを100mg、マイタケの錠剤を6グラムを飲み続けました。実はそれ以前、1994年2月から、4ケ月おきに化学薬品(CCNU135mg)を投与していたのですが、副作用がひどいため、停止し、その後マイタケを始める直前の4ケ月間は、何の治療も施されていませんでした。マイタケを始めて4ケ月後、にわとりの卵ほどの大きさだった腫瘍が完全に消えている事を、MRIの結果で確認されました。

アメリカでの臨床例
数人のアメリカの臨床医からも、MD−フラクションが脳腫瘍に効果があったという例が報告されています。
コネチカット州で開業するロバート・M・マーフイー医師(ND)は患者にMD−フラクションをよく使用していますが、ある脳腫瘍の患者の改善状況を次のように記録しています:
私は、44歳の脳腫瘍(粘液状の腺種)患者に、試験的にMDーフラクションを使ってみる事にしました。服用量は、200mgを一日に二回です。この患者さんは1994年5月に脳腫瘍の診断を受け、さらに、左の大腿部内側にも腫瘍がある事が分かりました。まず、彼は、脳内の水腫を縮小させるため、ディカディオンと脳全体に放射線治療(300rads)10回を施す治療を始めました。1994年8月に私は、この患者に対し、MD−フラクションを中心とした代替薬による治療を開始しました。その内容は、MD−フラクション200mgを一日二回西洋ラリックス粉をテーブル・スプーンー杯を一口二回イキネシア・エキス60滴を一日二回ビタミンAを一日に50,000TU抗酸化サプリメント(C,E,セレニウム、ベ−タ・カロチン)を一日二回ビタミンC1グラムを一日二回CO−Q1Oを一日に300mgです。
1994年11月23日に、私はこの男性に電話をしてみました。彼は、とても調子が良く、10月19日付けでMRIを再度受け、その結果、腫瘍の大きさが著しく改善していたと、報告してくれました。その、MRIの前後の診断書を同封します。この患者は引き続きMD−フラクションを服用したい、と言っております。
最後に、彼の改善の原因は定かではありませんが、MD−フラクションが大きな役割を果たしてくれたようです。ですから、私がこの患者さんに引き続きMD−フラクションを薦めたいと思います。

この患者の1994年11月19日付けのMRI報告の一部を以下に紹介しましよう:
゛‥・前回のMRI検査と今回の検査の間に、水腫の状憶は随分改善されています。前回の結果では、腫瘍は13から14個所に見られましたが、今回の結果では5個所 に確認できるだけです。更に、数だけでなく、それぞれの腫瘍の大きさも、全体的に改善されています。たとえば、左前部にある一番大きな腫瘍は、以前は3.5cmx3.5cmx2.8cmぐらいの大きさでしたが、今回は2.2cmx2.2cmx1.5cmほどに縮小しています。”

もう一例、前立腺癌の患者さんがPSA(前立腺癌状態を示すマーカー)の血液検査をするたびにその結果を送ってくれましたので、紹介しましよう。この患者の場合、6ケ月間にPSAは9.0から0.01にまで下がりました。彼の場合、他の治療は一切受けず、マイタケ療法のみでした。彼の血液検査の結果を見ますと、1994年7月27日の検査結果ではPSA値は9.0でした。4.0以下でないと危険である事を示します。そして同年9月7日の結果では0.3以下に減っていました。その後も何回も同じ血波検査を繰り返し、11月2日には0.02、翌1995年2月2日には0.01にまで下がっています。

ヘルス・レヴェレーション(健康新事実)
代替治療医の先駆者、ロバート・アトキンス医師(MD)が発行するニュースレター、゛ヘルス・レヴェレーション(健康新事実)″の1994年6月号に、アトキンス医師は次のように記述しています。゛癌と代替治療について、いくつもの素晴らしい著書を持つ私の友人でもあるラルフ・モス博士は、すでに癌に効果のある自然薬を100種類以上も研究している。私が、その中から最も効果が期待できるものを一つだけ選んでくれ、と聞いたら、さぞや迷われるだろうな、と思いながら、その質問を投げてみた。ところが彼は迷わず二言で応えてくれた。゛medicinalmushroom(薬用キノコ)″と。
 1996年7月号に、アトキンス医師はこう言っている。“以前に癌と戦うのに最も有力なもの、としてマイタケキノコを取り上げてから二年ほど経つが、それ以降、ずいぷんといろいろな研究も重ねられているようだ。今では私が使う抗癌物質の中でもかなり上の方のランクにありますよ。″


臨床例 2
ホームに戻る