NPO法人・補完代替医療推進センター

サイトマップ|団体案内|更新履歴

ホーム研究会・セミナー>セミナー開催の案内

講演会・セミナー開催のご案内

第51回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2016/11/04 金曜日)

第51回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

最近増えているのが、定年や引退後に医者の奨めで精密検査を受け「うつ病、難病(がんを含む)」の病気の疑いがあると言われ、どうしたらいいかお考えになりますね!当会ではいろんな状況を鑑み西洋医学に限定せず健康に余生を過ごす生きがい方法などを会員同士で勉強しようとする会です。65歳以上に限らず、若い方でも将来の健康に不安を抱いている方々の参加もお待ちしています。

日 時:平成28年11月04日(金曜日) 開演PM2:00〜

場 所:大阪産業創造館 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9888

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第51回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:会員による「自分が経験した伝承医学・民間健康法について

題名:西洋医学と補完医療の併用による「難病改善例」の講演

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

題名:「七星倶楽部」の活動実績と今後の活動について

題名:ゲストスピーカー講演

題名:質疑応答

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

特別企画「高野山魂活セミナー」 第51回糖鎖&CAMセミナー

特別企画「高野山魂活セミナー」〜第51回糖鎖&CAMセミナー〜のご案内

いつもご支援いただきありがとうございます。お陰様にて10年が経ちました。そこで、これを機会に、都会の喧騒を離れ、深緑の山々に囲まれた天空の聖地「高野山」。自然と一つになった神秘的な場所で身も心も綺麗になれるところです。この雰囲気の中で「本当の健康とは何か?」「補完医療とは何か?」ゲスト専門家を交えて議論するセミナーです。又、自己を今までの人生を見つめ直す機会にと企画した次第です。ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成28年9月3日(土)〜9月4日(日)1泊2日

場 所:高野山 宿坊「安養寺」 和歌山県伊都郡高野町高野山412 TEL 736-56-2010

参加費:18,000円(宿泊費、運賃含む)

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

第51回「糖鎖&CAMセミナー」講演のスケジュール

第51回「糖鎖&CAMセミナー」スケジュール

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第50回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2016/06/25 土曜日)

第50回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

毎々ご支援いただき誠にありがとうざます。お蔭様にて50回目のセミ ナーとなりました。これ一重に皆様方のご支援の賜物と感謝申上げます。下記の要綱にて開催しますでご参加よろくお願い申上げます。

日 時:平成28年6月25日(土曜日) 開演PM2:00〜PM4:45終了

場 所:大阪産業創造館 6F会議室A 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9888

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第50回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「 65歳からの健康を考える会 」主宰

○プラセボ利用で自然治癒力アッ病気の治療に有効か?

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

題名:「生命科学の最先端研究・ 細胞生体分子:糖鎖」開発・研究について

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長 NPO法人補完代替医療推進センターCAM・理事

「古代から医療と宗教は一体、補完医療の必要な時代に」

昔は神社仏閣で庶民の健康相談を受けていた。明治維新前後から製薬業が力を持ち医師会と組み 健康管理は全て医師が行うようになった。そのめに医療費が莫大になってきた背景があります。

講師:中村 好覚 氏

鞍馬山護国院住職

題名:「糖鎖食品・難病改善例」報告

○難病改善例の報告○質疑応答

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第49回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2015/11/03 火曜日・祝日)

第49回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

いつもご支援いただき誠にありがとうございます。この事業を立ち上げ早や10年となりました。皆様方のご厚情により49回目のセミナー開催となりました。感謝申し上げます。又、今春4月29日には松井大阪府知事の参加講演NPO法人「毎日健康サロン講演会」(毎日新聞後援)「65歳からの健康を考える会」を盛会にて開催。その後、各地で当該セミナー開催し会員を増やしてまいりました。この度、下記の内容にてセミナーを開催しますので、ご参加、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成27年11月3日(火曜日・祝日) 開演PM2:00より

場 所:大阪産業創造館 5F研修室D 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9888

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第49回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「難病・ガン治療に糖鎖食品を使用実践例の報告」

○薬局店頭における糖鎖の評判 会員からの報告 医療関係者・薬局の先生、他

題名:「永年プロ野球で活躍、健康に気を付けたことは」

○糖鎖食品を花粉症に使用したご本人の治癒実績、野球人生論についてもお話しいただきます。

講師:村田辰巳氏

元近鉄バッファーローズ投手 秋田県出身。人情家、プロ生活実働12年、85勝90敗の戦歴あり。現在は加圧療法の健康館開設のトレイナー

題名:「65歳からの健康を考える会」

○現状報告と今後の方針協議

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第48回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2015/07/16 木曜日)

第48回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

 初夏の候、貴殿益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。4月19日のNPO法人「毎日健康サロン講演会」(毎日新聞後援)の内容DVDを公開して情報交換会を行います。「65歳からの健康を考える会」」はその後、九州、大阪、京都と開催してきました。今回は皆様方のご意見も拝聴いたしたく、ご参加、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成27年7月16日(木) AM11:00〜PM12:00(10:30受付開始)

場 所:大阪産業創造館6F 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:無料

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:54名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第48回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「65歳からの健康を考える会」と今後の方針協議

 CAM現況報告

題名:「難病・ガン治療に糖鎖食品を使用考えられない結果」

 プロ野球選手が糖鎖エキスで実践使用の報告と発売当初から飲んで飲んで改善・治癒した人の今 ◆質疑応 ※終了後、懇親昼食会を行います。

題名:「65歳からの健康を考える会」と今後の方針協議

 CAM現況報告

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第46回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2015/03/16 月曜日)

第46回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

 初春の候、貴殿益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。今回のセミナーは『認知症・鬱対策を中心の学術講演会』です。又、昨年からスタート・主宰しました「65歳からの健康を考える会」も九州、大阪、名古屋と会合を持ち広まってまいりました。ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成27年3月16日(月) 14:00から16:50(13:30受付開始)

場 所:大阪産業創造館5階 研修室E 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:50名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第46回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「65歳、気になる認知症の対策に脳機能活性栄養素とは」

 

講師:鈴木 博夫

薬学博士 元田辺製薬(株)研究開発本部国際開発センター所長、同法務統括室長歴任。米国で販売のアルツハイマー、認知症向けの「オメガPS」の輸入元社長。

題名:「アロマテラピー(香り)で改善、認知症、鬱に!!」

 

講師:日下部 知世子

東京からお呼びしました日下部先生。フランスのアロマテラピーの父と呼ばれる故ジャン・ヴァルネ博士の哲学を学び、長きにわたり博士の後継者マダムティフィーヌに師事。2001年ヴァルネ夫人より正式に継承者として認められる。ヨーロッパの著名な自然療法を実践する研究者との交流も深い。

題名:「生命科学の最先端をゆく糖鎖栄養素含有食品の可能性を探る」

○開発と臨床試験・学術説明、「65歳からの健康を考える会」活動説明

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第45回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2014/12/01 月曜日)

第45回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

毎々ご支援いただき厚く御礼申し上げます。さて、このたび、第45回「CAM&糖鎖セミナー」を大阪産業創造館にて、下記の内容にて開催します。今回は「65歳からの健康を考える会」と合同での開催を予定しています。終了後は、忘年会(会費制)もあります。ご参加よろしくお願いします。ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成26年12月01日(月) 開演PM2:30からPM5:00終了

場 所:大阪産業創造館6階 研修室E 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:50名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第45回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「小麦発酵抽出物(LPS特許取得)」学術講演

○小麦醗酵抽出物LPSは元東京大学副学長・水野傳一先生・学士院賞受賞者が発見・開発され平成4年の講書始で天皇陛下に講義された素材です。※世界特許の小麦発酵抽出物LPS「マクロファージ活性物」日本特許成立。特許4026722号

講師:高松智氏

理学博士

プロフィール:元田辺製薬・応用化学研究所。大阪大学大学院工学研究科醗酵工学専攻博士課程終了。カルフォルニア大学デービス校客員研究員。東京大学工学部非常勤講師。2005.4.起業独立。

題名:「食品の新たな機能性表示制度」について

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長 NPO法人補完代替医療推進センターCAM・理事

題名:「補完医療・CAM推進と糖鎖食品の最新情報」

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

題名:「第二の人生:65歳からの健康を考える会」

○“65歳からの健康管理・病気対応に希望をもって生きるための方法”を考えようという会です。ご参加いただいた方々とのご意見をお伺いし進めたいと思います。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第44回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2013/11/21 木曜日)

第44回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

毎々ご支援いただき厚く御礼申し上げます。さて、このたび、第44回「CAM&糖鎖セミナー」を大阪産業創造館にて、下記の内容にて開催します。現在、医療機関等々からの依頼にて「難病」の方々の健康相談を行っています。その難病相談会員が約250名おられます。西洋医学から捨てられた方、病状がわからない方々です。しかし、自分自身の身体の治癒能力はすごいものです。今の西洋医学の治療を超越していると思います。自分の人間医学を信じて、“温故知新”「気」等を取り入れ“自分の命は自分で治す”という気構えをもって元気な余生を楽しく希望を持って送りましょう。終了後は、会員懇親会を予定しています。ご参加よろしくお願いします。ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成25年11月21日(木) 開演PM2:30からPM4:50終了

場 所:大阪産業創造館6F 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第44回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「第二の人生:65歳からの健康を考える会」

○“65歳からの健康管理・病気対応に希望をもって生きるための方法”を考えようという会です。ご参加いただいた方々とのご意見をお伺いし進めたいと思います。

題名:「補完医療・CAM推進と糖鎖食品の最新情報」

○日本での活動報告と中国進出の現状報告○糖鎖食品を難病に使用した改善例

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第43回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2013/6/24 月曜日)

第43回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

梅雨の候、毎日うっとしい空模様の日々が続く昨今、第43回NPO法人例会「CAM&糖鎖学術セミナー」を下記の要項で行います。今春からは新企画を提案させてもらいます。又、さらにCAM推進の広報活動・健康雑誌との提携を活発に行ないそれらに伴う「補完代替医療」の拡大推進も合わせてお願いする所存です。ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成25年6月24日(月) 開演PM2:00からPM5:00終了

場 所:大阪産業創造館6F 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第43回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「補完医療が必要な時代になってきました。」

○NPO法人CAMによる「補完代替医療プログラム」について

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

題名:「糖鎖食品・難病改善例」全国から集合発表会

○薬局に於ける使用例○難病改善励報告○質疑応答

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第42回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2013/3/30 土曜日)

第42回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

春まだ浅く寒気去らずの日々が続く昨今、今回は、大津市で開院されています「祐森クリニック院長」とのジョイント講演会を開催します。当医院ではすでに免研糖鎖食品とMD-フラクション(舞茸抽出物)を併用された補完医療を実践されています。これらを利用した実践例等々をお話いただきます。ご多忙中と存じますが、ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成25年3月30日(土) 開演PM2:30からPM5:00終了

場 所:大阪産業創造館6F 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:2000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第42回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「西洋・東洋医学等を兼ね備えた補完医療を実践してみて」

○先生専門の「ガンとその予防」について ○糖鎖併用の臨床実践例:重症筋無力症の改善、脳性マヒの改善等。

講師:祐森泰郎 先生

祐森クリニック院長(内科・消化器内科・アレルギー科)

プロフィール:昭和29年生まれ、中国医薬大学医学部卒。京都大学医学部 附属病院第一内科医員、公立高島総合病院内科医長を経て祐森クリニック開業(大津市和邇町)。

題名:「CAM活動と生命科学の最先端をゆく糖鎖(細胞小器官)可能性を探る」

○CAM活動報告と西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第41回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2013/3/11 月曜日)

第41回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

晩冬の候、春まだ浅く寒気去らずの日々が続く昨今、今年初めての「CAM&糖鎖学術セミナー」を下記の要項で行います。本年はさらにCAM推進の広報活動を活発に行ないます。本年もご支援よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成25年3月11日(月) PM5:45開場 PM6:00開演からPM8:00終了

場 所:大阪産業創造館6F 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第41回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「生命科学の最先端をゆく糖鎖栄養含有食品の可能性を探る」

○CAM補完医療の現状と将来について、その中心素材「糖鎖食品」の開発と臨床試験・学術説明

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

題名:「健康食品の現状と医薬品との違いは? 糖鎖食品の将来性について」

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長 当法人理事

題名:「糖鎖食品・難病改善例」全国から集合発表会

○漢方薬局に於ける使用例(漢方との併用:薬剤師の先生方の発表)○難病改善励報告○質疑応答

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第40回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2012/12/15 土曜日)

第40回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

晩秋の候日増しに冷気が加わり、紅葉の盛りを過ぎようとしています。平素は、格別なるお引き立てを賜わり厚く御礼申し上げます。さて、今年2012年ももう少しで終わろうとしていますが、本年は皆様方にとって如何な年でしたか?本年の締めくくりとして、12月15日(土)に当法人の本年度最後の「CAM&糖鎖学術セミナー」を開催いたしますので、ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成24年12月15日(土) PM2:00開場 PM2:30開演からPM5:00終了

場 所:大阪産業創造館5階 研究室D 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:37名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第40回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「健康食品としての糖鎖栄養含有食品の可能性を探る」

講師:今田勝美 先生

薬学博士

題名:「健康食品の現状と糖鎖食品の将来性について」

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長 当法人理事

題名:「最新情報・糖鎖栄養素含有食品の使用例とCAM活動」

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

題名:「糖鎖食品・難病改善例」全国から集合発表会

○ 漢方薬局に於ける使用例(漢方との併用:薬剤師の先生方の発表)○ 最新「てんかん」症状の改善○「永年の高血圧から回復」○「医師から見放されたガン克服」・・京都女性報告。○質疑応答

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第39回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2012/08/12 日曜日)

第39回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第39回「糖鎖&CAMセミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は特別ゲスト今田先生、平吹理事、高松先生をお迎えしての講演を予定しています。ご忙中のことと存じますが、ご参加の程よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成24年8月12日(日曜日)開演PM2:00よりPM4:30

場 所:大阪産業創造館6階 会議室B 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:54名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第39回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:生命科学の最先端「糖鎖」の学術講演

講師:今田勝美 先生

薬学博士

プロフィール:京都大学医学部薬学科卒業。東京農業大学成人学校非常勤講を務めるかたわら、健康雑誌執筆、ラジオ・テレビに出演、企業の研究指導をしています。研究では、特にわが国における、パントテン酸研究の第一人者。著者には「糖鎖の健康学」(共著)、「シアル酸」など。

題名:健康食品の最新事情

講師:平吹 昭

当法人理事 元田辺製薬商事(株)社長

題名:新処方・「D-リボース開発」

講師:高松智氏

(有)タカ企画

元田辺製薬・応用化学研究所。大阪大学大学院工学研究科醗酵工学専攻博士課程終了。カルフォルニア大学デービス校客員研究員。東京大学工学部非常勤講師。2005年4月起業独立

題名:「補完医療・CAM推進と糖鎖食品の最新情報」

○中国・上海にての補完代替医療講演会の報告 ○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?  ○最新の使用実践例を中心にお話します。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第38回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2012/07/06 金曜日)

第38回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第37回「糖鎖&CAMセミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、福岡県福岡市にて中島幸一先生(医学博士)を特別ゲストにお迎えし「糖鎖栄養素含有食品の医療実践企画」についてご講演頂きます。ご多忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成24年7月6日(金曜日)開演PM1:30〜4:30終了

場 所:リファレンス博多駅東ビル4階 会議室O 福岡市博多区博多駅東1-16-14 TEL092-432-0058

参加費:2000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:20名

交通のご案内:博多駅「筑紫口(神格線側)」徒歩5分

第38回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「糖鎖栄養素含有食品の医療実践企画」

様々な分野での治療実践企画を医学・歯学・栄養学の観点から補完代替医療の今後についての展望をご紹介いただきます。

講師:中島幸一

医学博士

プロフィール:ウェルカム・デンタルクリニック委員長・九州大学非常勤講師、ラオス国立大学名誉教授、ロマリンダ大学元客員教授、オカンポ大学客員教授。

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第37回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2012/03/20 火曜祝日)

第37回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第37回「糖鎖&CAMセミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、糖鎖食品をご利用いただいた方々からの声「私の糖鎖実践使用の改善例」と特別ゲスト講演も予定しています。ご忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成24年3月20日(火曜日・祝日)開演PM2:00〜4:30終了

場 所:大阪産業創造館 5F 研修室B 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:40名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第37回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「糖鎖・難病改善例」の報告会

難病改善されている方々が全国各地から参加、お話をして頂きます。○漢方薬局に於ける使用例○筋萎縮症の改善(三重)○「漢方との併用」薬剤師の先生方の発表 ○心筋梗塞からの生還(鹿児島)○永年の高血圧から回復(徳島)○「難病」改善実践者等々

題名:「補完医療・CAM推進と糖鎖食品の最新情報」

○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?○ 最新の使用実践例を中心にお話します。胃がんに(信州大学発表)

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第36回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2011/11/23 水曜祝日)

第36回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

紅葉の美しい季節となりましたが、益々ご清適のこととお喜び申し上げます。さて、当NPO法人恒例のセミナーを、秋の盛りの11月23日(祝日・水曜日)に下記の通り開催したいと存じます。今回はメインゲストとして大阪警察病院・副院長:呼吸器科部長の小牟田先生をお迎えします。又、本年、講演でお世話になりました先生方をお迎えし、パネルディスカッション形式で行ないます。いろんなご質問をお受けしながら自由な雰囲気で議論したく存じます。 今回が今年最後のセミナーです。ご多忙中のことと存じますが、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成23年11月23日(水曜日・祝日)開演PM2:00〜4:45終了

場 所:大阪産業創造館 5F 研修室A 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800

参加費:1000円 懇親会費6000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:46名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第36回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

パネラー参加者

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第35回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2011/09/19 月曜祝日)

第35回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

今回初めて、みんなで一緒に「ベンチャー事業の基本」を勉強しよう!> 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第35回「糖鎖&CAMセミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は特別ゲスト講演として大阪経済大学経営学部・太田一樹教授お迎えし「ビジネス創造の理論と方法」のご講演をいただきます。私共が今活動しているCAM?糖鎖食品の広報も又ベンチャー事業になるのではないでしょうか?との思いから企画しました。ご多忙中のことと存じますが、よろしくお願い申し上げます。

日 時::平成23年9月19日(月・祝日)開演PM2:00よりPM4:45まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800

参加費:1000円 懇親会費1000円予定

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第35回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

題名:「ビジネス創造の理論と方法」

講師:太田 一樹先生

大阪経済大学大学院経営学研究科長・教授

博士(経営学)/中小企業診断士。ベンチャービジネス論。市場創造のマーケティング・マネージメント中心に研究。復旦大学(中国上海)客員教授。中国における日系企業のマーケティング戦略。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第34回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2011/07/18月曜日)

第34回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

初夏の候、貴殿益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。この度、第34回の例会を開催いたしたくご案内申し上げます。最近は「糖鎖生物学」が注目を浴びております。その「細胞のアンテナ:糖鎖」は生命科学にとって重要な働きを行うことが実証されてまいりました。医療機関においては「難病」治療に西洋医学との併用にて良い結果も出てまいりました。今回は、「免研・糖鎖栄養素含有食品」の開発協力者であります高岡 昌之氏と元田辺製薬商事社長の2氏に講演をしていただきます。もう一人は、NPO法人補完代替医療推進センター理事長 山本 英夫氏の講演も下記のごとく行います。ご多忙中のことと存じますが、万障繰合せの上ご参加宜しくお願い申し上げます。

日 時:平成23年7月18日(月曜日) 開演 PM2:00 よりPM4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第34回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名: 「健康食品の現状と糖鎖食品の将来性について・・・」

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長

題名:「糖鎖栄養素含有食品の処方について」

講師:高岡 昌之

株式会社 田辺R&Dサービス 部長

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第33回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内(開催日2011/05/24火曜日)

第33回「糖鎖&CAMセミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第33回「糖鎖&CAMセミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は特別ゲスト講演として東京より薬学博士・今田勝美先生をお迎えし「糖鎖についての学術的な講演」をしていただきます。又、もう一人のゲスト講演は神戸大学・農学部教授、水野先生をお迎えします。ご多忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成23年5月24日(火曜日)開演PM2:00〜PM4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

第33回「糖鎖&CAMセミナー」講演内容

題名: 『糖鎖の学術講演:難病・糖尿病の改善に効果期待』

講師:今田勝美 先生

薬学博士

プロフィール:京都大学医学部薬学科卒業。東京農業大学成人学校非常勤講を務めるかたわら、健康雑誌執筆、ラジオ・テレビに出演、企業の研究指導をしています。研究では、特にわが国における、パントテン酸研究の第一人者。著者には「糖鎖の健康学」(共著)、「シアル酸」など。

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?、他。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:田辺製薬OBにて機能性食品等々の素材開発並びに商品企画・開発。NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長、CAM提携クリニック「山口医院」開設。日本に於ける「糖鎖食品」開発のパイオニア。

「糖鎖栄養素含有食品のアレルギー抑制効果」について

 

講師:水野雅史 先生

神戸大学大学院農学研究科教授

プロフィール:1984年神戸大学農学部農芸化学科卒業、89年同大学大学院自然科学研究科資源生物科学専攻博士課程修了。89年同大学大学院自然科学研究科助手。90年同大学農学部助手。93年から93年カリフォルニア大学バークレー校に留学。神戸大学大学院自然科学研究科助教授、同大学農学部助教授を経て、2005年同大学農学部教授。07.年から同大学大学院農学研究教授。学術博士(神戸大学)。01年に「機能性多糖の免疫化学的測定法の確立とその応用」で 日本食品科学工業会奨励賞受賞。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第32回「新春CAM&糖鎖セミナー」東京のご案内(開催日2011/02/21月曜日)

第32回「新春CAM&糖鎖セミナー」のご案内

拝啓、貴殿益々ご健勝のことと心からお喜び申し上げます。平成23年度東京での初回のNPO法人補完代替医療推進センターCAM主催の第32回「CAM&糖鎖セミナー:東京」を下記の要項にて開催いたしますので、ご参加よろしくお願い申し上げます。今回はメインゲストにテレビ・ラジオ・出版でおなじみの薬学博士:久郷先生をお迎えし講演していただきます。又、医療雑誌『総合医療でガンに克つ』(日本腫瘍会編集)の特別企画2011年2月号に取材協力:山本理事長の取材記事を中心に講演いたします。ご多忙中とは存じますが、ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成23年2月21日 (月曜日) PM2:00開場 PM2:30開演〜5:00まで

場 所:東京・学士会館203号室2F 東京都千代田区錦町3-28 TEL03−3292−5936

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:45名

交通のご案内:地下鉄都営三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車A9出口1分

「第32回 平成23年度・新春CAM&糖鎖セミナー」講演内容

題名:『補完代替医療の現状と将来並びに糖鎖食品の将来性について』

講師: 久郷晴彦 先生

薬学博士

プロフィール:京都大学医学部薬学科卒業。薬学博士。京都大学卒業後、数年間、ヘルスサイエンスドクターとして、ロシアほか、10カ国を訪ね、生活習慣病予防、免疫や健康食品について研究をする。現在、健康科学研究所所長。その他に講演、執筆、テレビ出演にと広く活躍している。栄養保健食品開発の権威者であり、免疫や薬害の研究者としても薯名。著書には「糖鎖の健康学」共薯、「骨租鬆症」「活性酸素の害」「腸内細菌の健康学」「アルツハイマー病」「環境ホルモンの害」など多数がある。

題名:『生活習慣病(難病・ガン)と補完代替医療の役割』

○補完代替医療は、西洋医学を「補完・代替」することが出来るか?○細胞の先端(糖鎖)から身体を元気にする医療を提案、他。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「平成23年度・新春CAM&糖鎖セミナー」大阪のご案内(開催日2011/02/14月曜日)

第31回「平成23年度・新春CAM&糖鎖セミナー」大阪のご案内

拝啓、貴殿益々ご健勝のことと心からお喜び申し上げます。平成23年度初回のNPO法人補完代替医療推進センターCAM主催の第31回「CAM&糖鎖セミナー」を下記の要項にて開催いたしますので、ご参加よろしくお願い申し上げます。今回は医療雑誌『統合医療でガンに克つ』(日本腫瘍学会編集)の特別企画2011年2月号にて当法人山本理事長に訊く (インタビュー)の内容を中心に講演いたします。(カラー3頁にて掲載)

日 時:平成23年2月14日(月曜日)PM1:30開場 PM2:00〜PM4:45まで

場 所:大阪産業創造館・6F会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 06-6264-9888

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第31回 平成23年度・新春CAM&糖鎖セミナー」講演内容

題名:『生活習慣病(難病・ガン)と補完代替医療の役割』

○補完代替医療は、西洋医学を「補完・代替」することが出来るか?○細胞の先端(糖鎖)から身体を元気にする医療を提案。 ○糖鎖食品使用例について・・鎖食品使用による改善例の発表にて質疑応答、他

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第29回NPO例会「CAM糖鎖セミナー」東京・学士会館のご案内(開催日2010/11/9火曜日)

第29回NPO例会「CAM糖鎖セミナー」東京・学士会館のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第29回「CAM糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回の特別ゲストは、当法人が開発した糖鎖栄養素含有食品の開発指導いただいた、薬学博士の今田勝美先生お迎えしての講演と元田辺製薬商事(株)社長・平吹昭氏のダブル講演です。それとNPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長山本英夫の講演です。ご多忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成22年11月9日(火曜日)開演PM1:30〜PM4:30

場 所:学士会館 203号会場 東京都千代田区神田錦町3-28 TEL03-3292-5936

参加費:1000円

主催:株式会社免研CAM

定員:45名

交通のご案内:地下鉄都営三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車A9出口1分

「第29回 CAM糖鎖セミナー」講演内容

講師:今田勝美 先生

薬学博士

1953年京都大学医学部薬学科卒業。同年第一製薬(株)に入社、同研究所発酵研究部主席研究員を務める。90年から東京農業大学農学部栄養化学科客員教授。95年から同大学成人学校非常勤講師を兼務。薬学博士(京都大学)学位内容・糖化学。日本に於けるバントテン酸研究の第一人者。化粧品・医薬品・食品・酒造メーカー、写真業界などの研究指導を行う。96年日本写真学会賞受賞(微生物による環境浄化関係)。NPO法人補完代替医療推進センター顧問。

題名:「健康食品の現況について」

 

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○今話題の糖鎖栄養素含有食品の開発と歴史 ○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか? ○トピックス:上海「復旦大学OB会での糖鎖講演」

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第28回 「CAM糖鎖セミナー」のご案内(開催日2010/6/28月曜日)

第28回 「CAM糖鎖セミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第28回「CAM糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回の特別ゲストは、当法人が開発した糖鎖栄養素含有食品の動物試験「アレルギー抑制効果」を行っていただいた、神戸大学農学部教授の水野雅史先生お迎えしての講演会と薬学博士、今田勝美先生のダブル講演です。それにNPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長山本英夫のお話です。ご多忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成22年10月1日(金曜日)開演PM2:30〜PM5:00

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第28回 CAM糖鎖セミナー」講演内容

「糖鎖栄養素含有食品のアレルギー抑制効果」について

 

講師:水野雅史 先生

神戸大学大学院農学研究科教授

プロフィール:1984年神戸大学農学部農芸化学科卒業、89年同大学大学院自然科学研究科資源生物科学専攻博士課程修了。89年同大学大学院自然科学研究科助手。90年同大学農学部助手。93年から93年カリフォルニア大学バークレー校に留学。神戸大学大学院自然科学研究科助教授、同大学農学部助教授を経て、2005年同大学農学部教授。07.年から同大学大学院農学研究教授。学術博士(神戸大学)。01年に「機能性多糖の免疫化学的測定法の確立とその応用」で 日本食品科学工業会奨励賞受賞。

題名:健康食品としての「糖鎖栄養素含有食品」の可能性を探る

 

講師:今田勝美 先生

薬学博士

1953年京都大学医学部薬学科卒業。同年第一製薬(株)に入社、同研究所発酵研究部主席研究員を務める。90年から東京農業大学農学部栄養化学科客員教授。95年から同大学成人学校非常勤講師を兼務。薬学博士(京都大学)学位内容・糖化学。日本に於けるバントテン酸研究の第一人者。化粧品・医薬品・食品・酒造メーカー、写真業界などの研究指導を行う。96年日本写真学会賞受賞(微生物による環境浄化関係)。NPO法人補完代替医療推進センター顧問。

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

○糖鎖食品の開発と歴史○西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?○免研CAMプログラムと試用実践例をお話します。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第26回 「CAM糖鎖セミナー」のご案内(開催日2010/6/28月曜日)

第26回 「CAM糖鎖セミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第26回「CAM糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回、NPO法人補完代替医療推進センターCAM・山本英夫理事長が「糖鎖食品の実践使用例とCAM補完代替医療について」をお話します。又、ゲスト講演は、元田辺製薬商事社長が健康食品についてお話していただきます。ご多忙中のことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成22年6月28日(月曜日)開場PM1:30 午後2:00より

場 所:大阪産業創造館5階 研修室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:37名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第26回 CAM糖鎖セミナー」講演内容

「難病に補完医療との併用・実践治療談」

 

講師:山口正茂先生

山口医院・院長

プロフィール:昭和27年生。徳島大学医学部卒。大阪大学医学部第二外科入局、近畿中央病院外科勤務、萩家整形外科医院・副医院長として勤務、現在、平成3年5月に大阪・梅田にて山口医院外科眼科開設。

題名:「健康食品の現況について」

 

講師:平吹 昭

元田辺製薬商事(株)社長

題名:「補完代替医療・CAMと糖鎖の健康学」

糖鎖食品の開発と歴史、西洋医学とCAM併用で難病が克服できるか?、CAMプログラムと試用実践例。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

第25回 「糖鎖・燕窩セミナー」 のご案内(開催日2010/5/7金曜日)

「第25回 糖鎖・燕窩セミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第25回「糖鎖の健康学セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回、第一部は、東京より薬学博士・今田勝美先生をお招きし講演いただきます。第二部は、NPO法人補完代替医療推進センターCAM・山本英夫理事長が「糖鎖構成成分の実践使用例と免研CAM補完代替医療プログラムについて・・」をお話します。内容の解説及び補完代替医療(CAM)に求められる今後の展開に付きましてもお話いただきます。是非ご参集戴きます様、宜しくお願い致します。

日 時:平成22年5月7日(金曜日)開場PM2:00  午後2:30〜4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第25回 糖鎖・燕窩セミナー」講演内容

題名:「健康食品としての糖鎖栄養素含有食品の可能性を探る」

 

講師:今田 勝美先生

薬学博士

1953年京都大学医学部薬学科卒業。同年第一製薬(株)に入社、同研究所発酵研究部主席研究員を務める。90年から東京農業大学農学部栄養化学科客員教授。95年から同大学成人学校非常勤講師を兼務。薬学博士(京都大学)学位内容・糖化学。日本に於けるバントテン酸研究の第一人者。化粧品・医薬品・食品・酒造メーカー、写真業界などの研究指導を行う。96年日本写真学会賞受賞(微生物による環境浄化関係)。NPO法人補完代替医療推進センター顧問。

題名:『糖鎖の健康学』−補完代替医療のトップランナーの紹介

西洋医学との併用で「難病」が改善した多々の例のお話、他。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第24回 糖鎖の健康学セミナー」のご案内(開催日2010/3/29月曜日)

「第24回 糖鎖の健康学セミナー」のご案内

平素は、格別のご支援いただき、厚く御礼申し上げます。 補完代替医療を推進し早8年の年月が過ぎてまいりました。ここ数年でこの補完代替医療(略称:CAM)の関心が難病患者の方から高まってまいりました。西洋医学では治癒が難しいといわれる「難病(ガンを含む)」対策にCAMが取り入られ結果がでてきたことによると思われます。当法人は全国から、特に医療機関を介した多くの患者さんの相談に乗ってまいりました。今回のセミナーでは、このような実践使用例を加えてお話させていただきます。ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成22年3月29日 (月曜日) 午後2:00受付 午後2:30〜4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第24回 糖鎖の健康学セミナー」講演内容

題名:「補完医療(CAM)を加えると難病に対応できる?」

CAM改善法は「糖鎖の活性化」、「難病の糖鎖利用による改善例を紹介他。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

題名:「健康食品の現況について」

 

講師:平吹昭

前・田辺製薬商事 代表取締役社長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第23回 燕窩・糖鎖セミナー」のご案内(開催日2010/1/25月曜日)

「第23回 燕窩・糖鎖セミナー」のご案内

新年明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になりありがとうございました。本年もご支援よろしくお願い申し上げます。さて、下記のごとく、新年早々に例会であります。「NOP法人補完代替医療推進センターCAM」主催の「糖鎖・燕窩並びにCAMセミナー」を神戸大学・水野先生をお迎えし開催いたします。大学のでの試験結果等々の学術講演です。ご多忙中なる時期ですが、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成22年1月25日(月曜日)午後2:30〜4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第23回 燕窩・糖鎖セミナー」講演内容

題名:「糖鎖栄養素含有食品のアレルギー抑制効果について」

マウス試験における評価等々。

講師:水野雅史先生

神戸大学農学部・植物資源学科教授

プロフィール:1984年神戸大学農学部農芸化学科卒業、89年同大学大学院自然科学研究科資源生物科学専攻博士課程修了。89年同大学大学院自然科学研究科助手。90年同大学農学部助手。93年から93年カリフォルニア大学バークレー校に留学。神戸大学大学院自然科学研究科助教授、同大学農学部助教授を経て、2005年同大学農学部教授。07.年から同大学大学院農学研究教授。学術博士(神戸大学)。01年に「機能性多糖の免疫化学的測定法の確立とその応用」で 日本食品科学工業会奨励賞受賞。

題名:「NPO法人CAMの活動と糖鎖構成成分含有食品の実践使用例について」

〜出版書籍「糖鎖の健康学」より〜

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第22回 燕窩・糖鎖セミナー」のご案内(開催日2009/10/7水曜日)

「第22回 燕窩・糖鎖セミナー」のご案内

平素は、格別のお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。2年前よりツバメの巣の生産に関与し、燕窩(アナ燕の巣)を健康食材、健康食品原料、化粧品原料としての開発・企画・製品化に協力しました。燕窩の主な生産地「インドネシア」のメダンにて「ハウスネスト」方式にての生産が出来きてまいりました。品質については「シアル酸」の含有量が12.3%にて最高の含有率の天然素材です。当NPO法人が日本で始めて開発・企画しました「糖鎖栄養素含有食品」の中心素材が「アナツバメの巣」です。ご多忙中と存じますが、万障繰合せの上、ご参加よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成21年10月7日(水曜日)午後1:30〜4:00まで

場 所:大阪産業創造館5階 研究室A 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:46名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第22回 燕窩・糖鎖セミナー」講演内容

題名:ツバメの巣・燕窩・糖鎖食品は、難病に効果あるの?

〜アナ燕の巣「ハウスネスト」とは○「糖鎖構成成分の中心素材・燕窩」の学術的な説明○燕窩手作り美容法と「ツバメの巣トッピング健康法」試食。○女性誌「クロワッサン」9月10日号に掲載されました。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007年9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007年10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第21回糖鎖・燕窩法人会員セミナー」のご案内(開催日2009/6/8月曜日)

第21回 「糖鎖・燕窩法人会員セミナー」のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。今回は事業家のビジネスセミナーとして企画させてもらいました。インドネシア・メダンにてハウスネスト生産した「燕窩(アナツバメの巣)」の学術的説明とこの「燕窩」をコアとしたビジネス提案セミナーです。ご参加くださいますよう宜しくお願いします。

日 時:平成21年6月8日(月曜日)午後2:30受付:開始4:40まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:無料

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第21回糖鎖・燕窩法人会員セミナー」講演内容

題名:燕窩の歴史とその学術的評価

〜燕窩はシアル酸の宝庫〜

講師:今田 勝美先生

薬学博士

プロフィール:1953年京都大学医学部薬学科卒業。同年第一製薬(株)に入社、同研究所発酵研究部主席研究員を務める。90年から東京農業大学農学部栄養化学科客員教授。95年から同大学成人学校非常勤講師を兼務。薬学博士(京都大学)学位内容・糖化学。日本に於けるバントテン酸研究の第一人者。化粧品・医薬品・食品・酒造メーカー、写真業界などの研究指導を行う。96年日本写真学会賞受賞(微生物による環境浄化関係)。NPO法人補完代替医療推進センター顧問。

題名:「天然100%ツバメの巣」は究極の健康食品

糖鎖を構成する8つの単糖のうち6つを含有するツバメの巣のビジネス展開

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007.9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007.10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第20回糖鎖・燕窩セミナー」大阪開催のご案内(開催日2009/4/1水曜日)

第20回 「糖鎖・燕窩セミナー」大阪開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第20回「糖鎖・燕窩セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、神戸大学・農学部教授の水野先生を講師に迎え開催いたします。又、昨年10月に発刊しました「糖鎖の健康学」の内容を中心にNPO法人補完代替医療推進センターCAMの理事長のお話も行います。

日 時:平成21年4月1日(水曜日)午後1:30受付:開始4:00まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.500円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:30名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第20回糖鎖・燕窩セミナー」講演内容

題名:「アレルギーに対する糖鎖食品の効果」

〜マウス投与試験により花粉症や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎に効果〜糖鎖構成成分を豊富に含む「燕窩(アナツバメの巣)」研究開始。

講師:水野雅史先生

神戸大学農学部・植物資源学科教授

プロフィール:1984年神戸大学農学部農芸化学科卒業、89年同大学大学院自然科学研究科資源生物科学専攻博士課程修了。89年同大学大学院自然科学研究科助手。90年同大学農学部助手。93年から93年カリフォルニア大学バークレー校に留学。神戸大学大学院自然科学研究科助教授、同大学農学部助教授を経て、2005年同大学農学部教授。07.年から同大学大学院農学研究教授。学術博士(神戸大学)。01年に「機能性多糖の免疫化学的測定法の確立とその応用」で 日本食品科学工業会奨励賞受賞。

題名:「糖鎖の健康学」出版・編者からの本のご説明

糖鎖構成成分で重要な素材は「アナサバメの巣・燕窩」です。生産現地報告。●日本に於ける糖鎖栄養食品開発の第一人者。●糖鎖食品を「難病患者」に使用してもらって・・・

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

プロフィール:1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。04年「糖鎖食品」の開発を始める。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007.9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007.10月「糖鎖の健康学」出版。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第19回糖鎖・燕窩セミナー」東京開催のご案内(開催日2009/3/25水曜日)

第19回 「糖鎖・燕窩セミナー」東京開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第19回「糖鎖・燕窩セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士・今田勝美先生をお招きし講演いただきます。この度、NPO法人補完代替医療推進センターCAMの山本英夫理事長が「糖鎖の健康学」を出版致しました。内容の解説及び補完代替医療(CAM)に求められる今後の展開に付きましてもお話いただきます。是非ご参集戴きます様、宜しくお願い致します。

日 時:平成21年3月25日(水曜日)午後1:30開始〜午後4:00まで

場 所:学士会館・本館2F 203号室 東京都千代田区神田錦町3-28 03-3292-5936(代表)

参加費:2.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:50名

交通のご案内:地下鉄・神歩町(都営三田線・都営新宿線・東京メトロ半蔵門線)A9徒歩1分 JR御茶ノ水駅下車・徒歩15分

「第19回糖鎖・燕窩セミナー」講演内容

題名:「糖鎖構成成分の主役・燕窩(アナツバメの巣)の薬理効果について」

講師:今田 勝美先生

薬学博士

プロフィール:1953年京都大学医学部薬学科卒業。同年第一製薬(株)に入社、同研究所発酵研究部主席研究員を務める。90年から東京農業大学農学部栄養化学科客員教授。95年から同大学成人学校非常勤講師を兼務。薬学博士(京都大学)学位内容・糖化学。日本に於けるバントテン酸研究の第一人者。化粧品・医薬品・食品・酒造メーカー、写真業界などの研究指導を行う。96年日本写真学会賞受賞(微生物による環境浄化関係)。NPO法人補完代替医療推進センター顧問。

題名:出版本『糖鎖の健康学』−補完代替医療のトップランナーの紹介

○細胞の先端から元気にする糖鎖栄養素の開発歴史○西洋医学との併用で「難病」が改善した多々の例のお話 執筆者:田中久(京都薬科大学元学長)、小牟田清(大阪警察病院副院長)、山口正茂(山口医院院長)、水野雅史(神戸大学農学研究科教授)、久郷晴彦薬学博士、今田勝美薬学博士各先生。

講師:山本英夫

NPO法人補完代替医療推進センターCAM

プロフィール:日本に於ける糖鎖栄養素開発の第一人者。1964年田辺製薬鞄社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、潟rタモナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年潟宴{ナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ鰍設立、代表取締役を務める。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。大阪・梅田に「CAMクリニック:山口医院」開設。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第18回糖鎖セミナー」大阪開催のご案内(開催日2008/10/30木曜日)

第18回 「糖鎖セミナー」大阪開催のご案内

朝夕はめっきり涼しくなる季節となってまいりました。この度、第18回のセミナーを「大阪歯科大学・附属病院の福住峯行先生」をお迎えしてお話いただきます。下記の要綱にて開催いたしますので、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成20年10月30日(木曜日)午後2:30受付:開始4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第18回糖鎖セミナー」講演内容

題名:「歯科治療の現状と新しい提案〜糖鎖食品を患者に使用してみて〜」

講師:福住峯行先生

大阪歯科大学附属病院・歯科医師

題名:「健康食品の現況と糖鎖食品開発秘話」

講師:平吹昭

前田辺製薬商事株式会社・代表取締役

題名:「燕窩(エンカ)ツバメの巣と糖鎖構成成分の関わりについて」

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第17回糖鎖セミナー」業界ビジネス関係者向のご案内(開催日2008/10/22/水曜日)

第17回 「糖鎖セミナー」業界ビジネス関係者向のご案内

朝夕はめっきり涼しくなる季節となってまいりました。この度、当方にてインドネシア・メダンにて生産した物を日本で製品化することになりました。これを機会に、第17回のセミナーを下記の要綱で行いますので、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。

日 時:平成20年10月22日(水曜日)午後2:00受付4:30開始:まで

場 所:大阪産業創造館6階 会議室C 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:25名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第17回糖鎖セミナー」講演内容

題名:「燕窩の歴史とその学術評価について」

講師:今田勝美先生

薬学博士(京大薬学卒)

題名:「燕窩の輸入元の澤本社長のお話」

講師:澤本仁夫

インドネシア・メダンにてネストハウス養殖を事業化輸入元

題名:「アシワガンダ、ムクナエキスの学術説明」

講師:日本新薬(株)・学術担当者様

日本新薬株式会社

題名:新製品「糖鎖・夫婦de燕窩顆粒」の紹介

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第16回糖鎖セミナー」大阪開催のご案内(開催日2008/6/23月曜日)

第16回 「糖鎖セミナー」大阪開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、第16回「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、5月15日よりスタートしました「毎日新聞への糖鎖広告キャンペーン」の内容に記しました聴衆希望者も参加対象としています。昨年10月に発刊しました「糖鎖の健康学」の内容を中心にNPO法人補完代替医療推進センターCAMの理事長の講演を行います。

日 時:平成20年6月23日(月曜日)午後2:00受付2:30開始4:30まで

場 所:大阪産業創造館5階 研修室D 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:37名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第16回糖鎖セミナー」講演内容

題名:「糖鎖の健康学」細胞の先端から元気〜補完代替医療のトップランナー〜

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007.9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007.10月「糖鎖の健康学」出版

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第15回糖鎖セミナー」大阪開催のご案内(開催日2008/4/3木曜日)

第15回 「糖鎖セミナー」大阪開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第15回「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士の今田勝美先生をお迎えいたしまして糖鎖が健康に重要な役割を果たしている事を講演いただき、この度新開発素材「ダイエット糖鎖ゼリー」を中心に、お話しいただきます。

日 時:平成20年4月3日(木曜日)午後2:00受付2:30開始4:30まで

場 所:大阪産業創造館6階研修室A 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:35名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第13回糖鎖セミナー」講演内容

題名:細胞の顔・糖鎖とダイエットゼリーについて

講師:今田勝美先生

薬学博士

今田先生のプロフィール 1929年神戸市で生まれる。1953年京都大学医学部薬学科卒業後、第一製薬鰍ノ入社。1990年より東京農業大学農学部栄養学科の客員教授として教鞭をとる。現在は、同大学成人学校の非常勤講師を勤める一方、健康雑誌の執筆やTV出演、化粧品・医薬品・食品・酒造メーカーなどの研究指導を行うなど幅広く活躍。日本におけるパントテン酸研究の第一人者。学位「糖化学関係」

題名:補完代替医療と糖鎖の最新情報

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

1964年田辺製薬(株)入社。73年に独立し、機能性食品、医療用品、化粧品などの開発・販売に携わる。78年に、(株)ビタボナメディカルを故高橋日出彦氏(医師・慶大医学部卒)らと設立。92年(株)ラボナ設立後、マイタケMDフラクションの開発・販売を開始。97年タナベ雪国アソシエイツ(株)を設立、代表取締役に就任。同年免疫賦活研究会を設立、2001年代替医療推進センターを開設し、免研ブランドで代替医療用の機能性食品を開発。06年NPO法人補完代替医療推進センターCAMを設立。2007.9月「CAMクリニック・山口医院開設」。2007.10月「糖鎖の健康学」出版

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第12回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2007/7/18水曜日)

第12回 「糖鎖セミナー」大阪開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第11回「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士の今田勝美先生をお迎えいたしまして糖鎖が健康に重要な役割を果たしている事を講演いただきます。ご参集の程、宜しくお願い致します。

日 時:平成19年7月18日(水曜日)午後2:30受付3:00開始

場 所:大阪産業創造館5階研修室B 大阪市中央区本町1-4-5 TEL06-6264-9800(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:43名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第12回糖鎖セミナー」講演内容

題名:健康食品としての糖鎖栄養素含有食品の可能性を探る

1、糖鎖とは、2、糖鎖構成単糖類8種類とそれらの作用」、3、糖鎖の機能について免疫ホルモン系等、4、糖鎖単糖類の宝庫「燕窩」、5、トランスフェラーゼに付いて、6、糖鎖工学の最近の研究から。7、各種配合物に付いて、8、今後の課。

講師:今田勝美先生

薬学博士

1929年神戸市で生まれる。1953年京都大学医学部薬学科卒業後、第一製薬鰍ノ入社。1990年より東京農業大学農学部栄養学科の客員教授として教鞭をとる。現在は、同大学成人学校の非常勤講師を勤める一方、健康雑誌の執筆やTV出演、化粧品・医薬品・食品・酒造メーカーなどの研究指導を行うなど幅広く活躍。日本におけるパントテン酸研究の第一人者。学位「糖化学関係」

代替医療と糖鎖最新情報

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第11回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2007/7/11水曜日)

第11回 「糖鎖セミナー」東京開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第11回「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士の今田勝美先生をお迎えいたしまして糖鎖が健康に重要な役割を果たしている事を講演いただきます。ご参集の程、宜しくお願い致します。

日 時:平成19年7月11日(水曜日)午後2:00受付2:30開始

場 所:アルカディア市ヶ谷 千代田区九段北4-2-25 TEL03-3261-9921(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:定員80名

交通のご案内:JR中央線・東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線 各、市ヶ谷駅

「第11回糖鎖セミナー」講演内容

題名:健康食品としての糖鎖栄養素含有食品の可能性を探る

1、糖鎖とは、2、糖鎖構成単糖類8種類とそれらの作用」、3、糖鎖の機能について免疫ホルモン系等、4、糖鎖単糖類の宝庫「燕窩」、5、トランスフェラーゼに付いて、6、糖鎖工学の最近の研究から。7、各種配合物に付いて、8、今後の課。

講師:今田勝美先生

薬学博士

1929年神戸市で生まれる。1953年京都大学医学部薬学科卒業後、第一製薬鰍ノ入社。1990年より東京農業大学農学部栄養学科の客員教授として教鞭をとる。現在は、同大学成人学校の非常勤講師を勤める一方、健康雑誌の執筆やTV出演、化粧品・医薬品・食品・酒造メーカーなどの研究指導を行うなど幅広く活躍。日本におけるパントテン酸研究の第一人者。学位「糖化学関係」

代替医療と糖鎖最新情報

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第9回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2007/5/28月曜日)

第9回 「糖鎖セミナー」東京開催のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第9回「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士の久郷晴彦先生をお迎えいたしまして糖鎖が健康に重要な役割を果たしている事を講演いただきます。ご参集の程、宜しくお願い致します。

日 時:平成19年5月28日(月曜日)午後2:30受付3:00開始

場 所:アルカディア市ヶ谷 千代田区九段北4-2-25 TEL03-3261-9921(代表)

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:定員80名

交通のご案内:JR中央線・東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線 各、市ヶ谷駅

「第9回糖鎖セミナー」講演内容

益々、健康には大切になって来た・・「糖鎖は生命現象の鍵・ガン化や感染に」

講師:久郷晴彦先生

薬学博士

プロフィール:1926年岐阜県生まれ。53年京都大学医学部薬学科卒業、71年からヘルスサイエンスドクターとして長寿地域をはじめとした10カ国以上を訪ね、生活習慣病予防や免疫、健康食品について研究。栄養機能食品の権威者であり、免疫や活性酸素の研究者としても著名。テレビの健康番組や全国での講演、数多くの著書を通じて活躍。

代替医療と糖鎖最新情報

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第8回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2007/3/28水曜日)

第8回 「糖鎖セミナー」

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第8回の「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、薬学博士の久郷晴彦先生をお迎えいたしまして糖鎖が健康に重要な役割を果たしている事を講演いただきます。ご参集の程、宜しくお願い致します。

日 時:平成19年3月28日(金曜日)午後2:30受付3:00開始

場 所:大阪産業創造館 6階会議室E 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:110名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第8回糖鎖セミナー」講演内容

益々、健康には大切になって来た・・「糖鎖は生命現象の鍵・ガン化や感染に」

講師:久郷晴彦先生

薬学博士

プロフィール:1926年岐阜県生まれ。53年京都大学医学部薬学科卒業、71年からヘルスサイエンスドクターとして長寿地域をはじめとした10カ国以上を訪ね、生活習慣病予防や免疫、健康食品について研究。栄養機能食品の権威者であり、免疫や活性酸素の研究者としても著名。テレビの健康番組や全国での講演、数多くの著書を通じて活躍。

NPO法人の最新情報、携帯メールを利用したお客様相談システムの紹介

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第7回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2007/2/16金曜日)

第7回 「糖鎖セミナー」

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。本年最初の「糖鎖セミナー」を開催いたしたくご案内申し上げます。今回は、神戸大学農学部 教授 水野 雅史先生より、「糖鎖」最新実験結果の発表がご座います。ご参集の程、宜しくお願い致します。

日 時:平成19年2月16日(金曜日)午後2:30受付3:00開始

場 所:大阪産業創造館 5階研修室B 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:1.000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:54名

交通のご案内:地下鉄中央線 堺筋線 「堺筋本町駅」下車徒歩5分

「第7回糖鎖セミナー」講演内容

動物マウス実験結果の発表

免研糖鎖食品の経口摂取による抗アレルギー効果について花粉症や動物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの身近なアレルギーに関する物質の発生を抑制する効果が期待できる。

講師:水野雅史先生

神戸大学農学部 教授

糖鎖食品の最新情報

糖鎖開発食品にとって初の基礎データーです。今後も、順次新しい 領域のデーターを作ります。

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

特別ゲスト:今田勝美先生

薬学博士

水野先生の実験結果の分かりやすい解説と糖鎖について・・

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第6回 糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/12/22金曜日)

「第6回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/12/22金曜日)

毎々格別のお引き立ていただき誠に有難うございます。 本年、最後の例会を「糖鎖セミナー」を開催いたしますのでご案内します。今までの西洋医学から脱却した考え方の基に開発された機能性食品素材です。今回は、前回好評の「山口医院・院長の実践使用例」を中心に講演を行いますので、ご参集の程、よろしくお願い申し上げます。    理事長 山本英夫

日 時:平成18年12月22日(金曜日)PM3:00開場 PM3:30開始

場 所:大阪産業創造館5F・研修室D 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

交通のご案内:地下鉄中央線・堺筋線「堺筋本町」下車徒歩5分

「第6回糖鎖セミナー」講演内容

「糖鎖を患者に使用した実践例について」

講師:山口正茂先生

山口医院・医院長

プロフィール:昭和27年生。徳島大学医学部卒。大阪大学医学部第二外科入局、近畿中央病院外科勤務、萩家整形外科医院・副医院長として勤務、現在、平成3年5月に大阪・梅田にて山口医院外科眼科開設。

「糖鎖使用例の報告」製品開発から広報活動報告

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第5回 糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/11/9木曜日)

「第5回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/11/9木曜日)

毎々格別のお引き立ていただき誠に有難うございます。 今、医学界でも注目の「糖鎖」についてのセミナーを開催します。今までの西洋医学から脱却した考え方の基に開発された機能性食品素材です。「今回は、山口医院・院長の実践使用例」を中心に講演を行いますので、ご参集の程、よろしくお願い申し上げます。 理事長 山本英夫

日時:平成18年11月9日(木曜日)PM2:30開場 PM3:00開始

場所:大阪産業創造館5F・研修室B 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

交通のご案内:地下鉄中央線・堺筋線「堺筋本町」下車徒歩5分

「第5回糖鎖セミナー」講演内容

「糖鎖を患者に使用した実践例について」

講師:山口正茂先生

山口医院・医院長

プロフィール:昭和27年生。徳島大学医学部卒。大阪大学医学部第二外科入局、近畿中央病院外科勤務、萩家整形外科医院・副医院長として勤務、現在、平成3年5月に大阪・梅田にて山口医院外科眼科開設。

「糖鎖使用例の報告」製品開発から広報活動報告

講師:山本英夫

NPO法人・補完代替医療推進センターCAM・理事長

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第四回 糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/10/4水曜日)

「第4回糖鎖セミナーのご案内」(開催日2006/10/4水曜日)

毎々格別のお引き立ていただき誠に有難うございます。 今、医学界でも注目の「糖鎖」についてのセミナーを開催します。今までの西洋医学から脱却した考え方の基に開発された機能性食品素材です。「糖鎖について、開発から使用実績の体験説明を加えたセミナー」を行いますので、ご参集の程、よろしくお願い申し上げます。 理事長 山本英夫

日時:平成18年10月4日(水曜日)PM2:00開場 PM2:30開始

場所:大阪産業創造館5F・研修室A 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:1000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

交通のご案内:地下鉄中央線・堺筋線「堺筋本町」下車徒歩5分

「第4回糖鎖セミナー」講演内容

「今、注目の糖鎖について」・・・

○製品開発から広報活動報告○糖鎖使用例の報告

※スライドを使って解りやすく説明します。

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8-811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

「第三回糖鎖セミナー」大阪開催のご案内(開催日2006/7/29土曜日)

「第三回糖鎖セミナー」大阪開催のご案内(開催日2006/7/29土曜日)

今、遺伝子、たんぱく質に次ぐ研究対象としての「糖鎖」に注目されています。ゲノムを超える生命現象の鍵「糖鎖」についてこの分野の専門の方々が講師のセミナーを開催いたします。人体60兆個の細胞の連携がしっかりしていないと健康は維持されず、病気も治りません。そこで今世界の医学界の大きなテーマになっているのが、細胞間のコミュニケーションを支配しながら、細胞同士の情報交換を可能にしている「糖鎖」の働きを解明。又、その糖鎖をつくる糖質栄養素の重要性が見直されています。日本における糖鎖研究の第一人者、微量元素研究者、糖鎖栄養素研究者、食品分析研究者の方々によるセミナーを下記のごとく開催いたしますのでご参加の程、よろしくお願いします。

日時:平成18年7月29日(土曜日)PM1:00〜pm4:30

場所:大阪産業創造館6F・会議室E 大阪市中央区本町1−4−5

参加費:2000円

主催:NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

定員:100名

「第三回糖鎖セミナー」講演内容

「小腸上皮細胞を介した糖鎖認識と免疫細胞活性化」

講師:水野雅史先生

神戸大学農学部・植物資源学科教授

「免疫における亜鉛の重要性について」

講師:田中久先生

京都大学名誉教授・京都薬科大学元学長

「糖鎖工学の現状と今後」

講師:川嵜敏祐先生

日本糖鎖科学コンソーシアム企画委員長・京都大学名誉教授立命館大学糖鎖工学研究センター長

「糖鎖栄養素の開発の話」

講師:今田勝美先生

東京農大・大学成人学校講師、薬学博士

お申し込み方法

参加希望者は、下記電話番号またはメールでご連絡ください。

■電話番号  06-6943-0122

■ファクス番号06−6920−9252

■大阪市中央区内本町2−3−8・811

受付は終了しました。

◆メール記載方法

お名前、電話番号、会社名、住所、参加者人数をお書きください。

糖鎖セミナーのご案内

毎々格別のお引き立ていただき誠に有難うございます。 今、医学界でも注目の「糖鎖」についてのセミナーを開催します。

今までの西洋医学から脱却した考え方の基に開発された機能性食品素材です。「糖鎖について、開発から使用実績の体験説明を加えたセミナーを行いますので、よろしくお願い申し上げます。

主催 NPO法人 補完代替医療推進センターCAM

大阪市中央区内本町2−3−8・811

理事長 山本 英夫

開催概要

大阪講演会場(4月11日)

●日時:平成18年4月11日(火曜日)PM2:00開始

●場所:大阪産業創造館・会議室A

〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館13階

お問い合わせ大阪産業創造会館HPをご覧下さい。

●交通のご案内・・地下鉄(中央線・堺筋線)堺筋本町駅より徒歩約5分

東京講演会場(3月27日)

●日時:平成18年3月27日(月曜日)PM2:30開場 PM3:00開始

●場所:「アルカディア市ケ谷」(私学会館)

東京都千代田区九段北4−2−25

TEL03−3261−9921(代表)

●交通のご案内・・JR線・地下鉄(有楽町線・新宿線・南北線) 市ケ谷駅 徒歩2分

講師

◆「今、注目の糖鎖について」・・・薬学博士 今田勝美 先生 京都大学医学部薬学科卒

◆「栄養機能食品・糖鎖」開発・企画から製品化まで 講師:糖鎖機能性食品開発者 山本英夫

出席ご希望の方は、TEL06-6943-0122 NPO法人まで

上に戻る▲

免研ヤフーショッピング 機能食品販売サイト免研ラボ