NPO法人・補完代替医療推進センター

サイトマップ|団体案内|更新履歴

ホームCAM新素材成分トップ>PS(ホスファチジルセリン)

PS(ホスファチジルセリン)

物忘れ、痴呆、アルツハイマー型痴呆症に朗報

高齢化が進む中、お年寄りの活動が期待されています。高齢者の脳機能と運動機能が若返り、家族内に元気で明るい生活が戻ります。

認知症は深刻な問題

PS−脳活性栄養素

わが国では長寿社会の到来で、介護保健認定者のうち在宅介護者の約10%、在施設では、実に70%が認知症を持っています。(平成13年厚生労働省調査)。アメリカでも85歳を過ぎた人の半数は死を迎えるときアルツハイマー病他の深刻な脳機能問題を抱えています(パリス・キッド博士)。これまで、痴呆は適切な治療法がなく症状の進行に不安な毎日でしたが、PSに期待ができます。

高齢痴呆からアルツハイマー型痴呆

痴呆の特徴

脳は数億個もあるといわれる神経細胞(ニューロン)の集まりでできていて、ニューロン間の情報交換により、記憶、認識などの脳機能を維持しています。加齢とともにニューロンは退化・脱落していきますので記憶力の低下などが始まります。40代、50代になると脳の鋭敏さが失われていることに気付くことが多くなります。だからといって必ずしもアルツハイマー病になるとは限りませんが、脳機能テスト点数が非常に低い人はアルツハイマー病になるとリスクが高いとされています。医療の診察では、痴呆症患者は、記憶消失を伴い、少なくとも上記の1項が欠落していると定義されています。

ニューロン、記憶減退、脳のニューロン機能

PS(ホスファチジルセリン)は記憶力低下を14年若返らせる脳生体成分

PSによる記憶力の回復

PSの臨床試験は非常に多数の世界の医療研究機関で実施されており、日本でも大阪市立大学、尼崎中央病院老人施設でも結果が報告されています。臨床試験の1つを紹介しましょう。

1990年に行われた試験は、アメリカの精神保健研究所のトーマ・クルック博士を中心にスタンフォード大学、ヴァンデンビルト医科大学の研究医が試験の計画と実施に参画しています。

ホスファチジルセリン投与後、改善がみられた項目

年齢50〜70歳の患者149人を二つのグループに分けて一つのグループには毎日PS300rを12週間投与し、他のグループにはプラセボ(偽薬)が投与されました。試験期間中、記憶力、認識力テストが行われました。

試験の結果、PS投与グループの全員に記憶力改善が認められ、担当医は、PSは年齢時計を約14歳戻すと計算しています。特に著しい改善が認められたのは右記の項目です。

Phosphatidylserine(PS) :大豆抽出リン脂質の臨床試験

Phosphatidylserine(PS) :大豆抽出リン脂質の臨床試験

1.急性毒性試験 (TRACO―FIDIA社)

2.老人における認識力低下:ホスファチジルセリン(PSと表示)投与による効果にいてのプラセボとの比較による二重盲検多施設臨床試験

(T.Cenacchi,et al.:AgingClin.Exp.Res.1993;5,No.2:123-133)

3.アルツハイマー病におけるPS:多施設中央管理試験

(L.Amaducci,et al.:Psychopharmacology  Bulletin1988;24:130-134)

4.加齢起因性記憶力低下におけるPSの効果

(T.H.Crook,et al:Neurology1991;41:644-649)

5.アルツハイマー病におけるPSの脳グルコース代謝への効果

(P.Klinikhammer,et al.:Dementia1990;1:197-201)

6.脳代謝障害を伴ったパーキンソン病患者とPS-パイロット試験の結果

(Fuenfgeld,.Fuenfgeld,et al.:Clinical Triais Journal 1987;Vol.24,No.1)

7.アルツハイマー性老年痴呆症を伴ったパーキンソン病患者でのPSによる二重盲検試験

(Fuenfgeld, E.W.,et al.Alzheimer's Disease and Related Disorders,pape 1235-1246)

8.初老期アルツハイマー型痴呆症への大脳皮質由来のリン脂質投与前後における脊髄液 内のドーバミン及びセレトニンの代謝濃度

(V.Argantiero,et al.: J.Neurol.1980;224:53-58)

9.アルツハイマー病におけるPSの効果

(T.H.Crook,et al.:Psychopharmacology Bulletin 1992;Vol.28,No.1)

10.抑うつ障害のある老齢患者におけるPSの効果

(M.Maggioni,et al.:Acta Psychiatr.Scand.1990;81:265-270)

11.健康な男性へのPSの長期投与視床下部-脳下垂体-副腎軸のストレスで誘発された活性上昇の抑制

(M.Maj.Monteleone,et al.European L.Clin.Pharmcol 1992;41:385-388)

12.ヒトでの肉体的ストレスによる神経内分泌反応に対するPSの効果

(M.Monteleone,et al,:Neuroendocrinology 1990;52:243-248)

13.老年性脳機能低下のある患者でのPSについての二重盲検比較試験

(G.Palmieri,et al.:Clinical Trials Journal 198777;Vol.24,No.1:73-83)

14.老年性痴呆症患者におけるPSの無作為二重盲検比較試験

(P.J.Delwaide,et al.,:Acta Neurol.Scand.1986;73:136-140)

15.老齢者における加齢起因性の記憶力低下及び気分に対するPSの効果

(J.Gindin,et al.,Geriatric Institute for Education and Research and Geriatrics,Kaplan Hospital,Rehovot,Israel)

16.生活力消失、血管性痴呆症又は軽度うつ性のある老齢患者におけるPSの神経内分泌及び行動上の効果

(M.Rabboni,et al.,Clinical Trial Journal 1990;27:230-240)

17.PS:健康な人における壮年ラットでの認識力増強:牛脳皮質PSと卵黄PS及び大豆PSの比較

(A.Blokland,Nutrition 1999;15:778-783)

2013.7.15.作成

◆国内でも既に下記の医療機関で研究・臨床試験を実施しています。

@研究の題目

『軽度認知障害、及びアルツハイマー型痴呆に対する栄養補助食品:「オメガPS」の有効評価』

大阪市立大学大学院医学研究科長 福島昭治

大阪市立大学医学振興協会理事長 大谷周造

(目的及び内容) 軽度認知障害、あるいはアルツハイマー型痴呆と診断された患者にホスファチジルセリン含有栄養補助食品(オメガピーエス)を3ヶ月間投与し心理検査における改善の有無をオープン前向試験にて検討する。 心理検査は、投与前、6週目及び12週目の3回実施し、その間、アリセプトその他の治療薬が投与されている場合は変更せず、併用投与とする。

A研究の題目

『老年性痴呆又は脳血管性痴呆症例に於けるオメガPSの臨床評価』

医療法人 中央会 尼崎中央病院

中村勝人医師

老年性痴呆又は脳血管性痴呆の可能性を評価する臨床評価基準に適合した7人の患者を 対象に試験を実施した。患者に大豆由来ホスファチジルセリン(PS100mg、1日3回)を8週間投与し、精神機能及び精神状態・日常生活動作を臨床評価した。投与2〜4週間内に、6例中5例(83%)で精神機能に改善が認められた。精神機能の改善は、障害の軽度な症例ほど早期に明確に認められた。痴呆な成分であることを示唆している。

PS(ホスファチジルセリン)とは

果物、魚類

PSは、脳神経細胞(ニューロン)の膜とニューロンがお互いに情報交換する突起をつくる栄養成分です。加齢とともに不足する栄養成分であるため、高齢や、若者のストレス対応に栄養補助として補給が必要です。1日300r摂取を1〜2ヵ月間、その後は維持量(1日100〜200r)を継続します。長期摂取や医薬品との併用が可能です。高度技術による安全な大豆抽出のPSをお勧めします。

上に戻る▲

免研ヤフーショッピング 機能食品販売サイト免研ラボ