NPO法人・補完代替医療推進センター

サイトマップ|団体案内|更新履歴

ホームCAM新素材成分トップ>植物ステロール

植物ステロール

コレステロール・中性脂肪を下げる

コレステロール・中性脂肪が高い状態を放置すると動脈硬化が進行します。医療品治療の前に、まずは自然の食品摂取で調節しましょう。

コレステロール・中性脂肪の基準

コレステロールと血管

コレステロールは動物ステロールともいわれ、イカ、エビ、うなぎ、卵黄、イクラ、ウニ、バター、肉の脂身、レバーなどに含まれています。コレステロールは私たちの体の中で細胞膜、ホルモン、胆汁酸などをつくる大切な原料ですから健康な体を維持するのに、なくてはならないものです。コレステロールは食事から摂取しますが、不足する場合は肝臓でもつくられます。

コレステロールにはLDLまたは俗に悪玉と呼ばれ、コレステロールを体内の必要な組織に届ける役割をするタイプと、HDL又は善玉と呼ばれて、からだの組織からあまったコレステロールを回収して肝臓に戻したり、胆汁やホルモンに利用する役割をするタイプがあります。

診断基準

LDL(悪玉)、HDL(善玉)にはそれぞれの大切な役割がありますので、血液検査の結果を見るときは全体のコレステロール量(総コレステロール値)の他にLDL値、HDL値とあわせてチェックするようにして下さい。なお、脂肪のうち中性脂肪(トリグラセライト)はエネルギーを産生する成分ですが、検査値が高いと動脈硬化の促進要因ですから注意が必要です。血液検査値の判断には下記を参考にしてください。

なぜコレステロールに注意が必要なのでしょう?

最初に述べたように、コレステロールは健康体の維持するのに欠かせない大切な成分ですが、必要以上に摂りすぎると動脈の内側に脂肪質の固まりが付着し血管内を狭くしてしまいます。血管内壁に脂肪が付着すると心臓、脳などの臓器に送られる血液の流れを閉塞し、場合によっては血液が止まってしまいます。この脂肪性動脈硬化症が脳、心臓血管系でおきた場合、虚血性疾患と呼ばれ重篤な症状がでます。脂肪性動脈硬化は中性脂肪(トリグリセライド)値が高いと促進されます。

植物ステロールはは過剰なコレステロールの吸収を阻害する

植物ステロールはトウモロコシ、大豆など穀類、野菜、果物に含まれていますが体内でほとんど吸収されません。それどころか、過剰のコレステロールの吸収を阻害する働きをしてくれます。コレステロールは腸内で胆汁酸に結合して運ばれ小腸で吸収されますが、植物ステロールはその前に胆汁酸に結合してコレステロールを阻害し、吸収できなくしてしまいます。このために、過剰なコレステロールは吸収されずに排泄されてしまいます。植物ステロールは、特に動脈硬化を早めるLDL(低密度)コレステロールとチュウす中性脂肪(トリグリセライド)を下げる働きもあります。

植物ステロールとは

トウモロコシ

トウモロコシ、大豆から抽出精製された植物ステロールは、食事と一緒に摂ることにより、腸内の過剰なコレステロールを吸収しないように排泄してくれます。その結果、血液検査の数値が正常化していきます。植物ステロールの摂取を始めたら1ヵ月ごとに血液検査結果の「総コレステロール」、「HDL」、「LDL」、「トリグリセライド」の数値をチェックしてください。植物ステロールは植物に含まれている成分ですから長期間の使用ができます。

上に戻る▲

免研ヤフーショッピング 機能食品販売サイト免研ラボ