NPO法人・補完代替医療推進センターCAM

サイトマップ|団体案内|更新履歴

ホーム糖鎖関連トップ>糖鎖食品の使用例1

糖鎖食品の使用例1

アメリカにおける疾患の治療報告を見て、私も約3年前、宮崎の病院に勤務していた当時からその効果に期待し、慢性の治りにくい病気をもつ何人かの患者さんに糖鎖栄養素を試してもらい、その効果を観察したことがあります。糖鎖栄養素は「食品」に分類されます。現代の医学が血眼になっても治せないような病気に、糖という簡単の食品がいったい効果あるのだろうか。当初は心許なく感じていたことを記憶しています。

2年前に関西にクリニックを開設してからも、多くの患者さんに治療と並行して糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を飲んでもらっていますが、そのなかで明らかに効果が認められた例をいくつか紹介しておきましょう。なかでも注目すべきは、糖鎖栄養素を飲むことで、悪性リンパ腫の患者さんが抗がん剤をまったく使うことなく快復したこと、現代医学ではほとんど改善できない脊髄小脳変性症や筋萎縮性側策硬化症にもきわめて良好な効果が認められたことです。

さらにたとえ一時的にせよ、強い精神的なストレス、すなわち交感神経系の過度の緊張によって、一度は改善した症状もたちまち悪化するという厳然たる事実を、患者さんの症状をとおして把握できたことです。

「糖鎖のチカラ」−四海書房−より 著 安藤幸来(西宮北クリニック院長)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)療法で健康を回復した13人の使用例−−【糖鎖栄養素含有食品使用例】

多型滲出性紅斑 S・Aさん(女性・34歳・主婦)

〜アレルギー体質の湿疹が漢方薬との併用で消失した〜

幼いころからアレルギー体質といわれていましたが、成人してからは両側の下腿部にかゆみを伴う湿疹が多数出現し、多形滲出性紅斑と診断されました。皮膚科で軟膏をもらって塗りましたが、そのとき楽になるだけでなかなか完治せず、軟膏も次第に効果が弱くなりました。そこで糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)と漢方薬を併用したところ、湿疹は徐々に少なくなり、現在は完全に消失しています。

乳がん Y・Kさん(女性・49歳・プロデューサー)

〜自覚症状が好転して元気にプロデューサー業に専念〜

長年、ご主人の病気で心労と過労が絶えなかったKさんは、3年前、左乳房にしこりを発見、心身ともに疲労感が高度に持続、不眠症になりました。受診の結果、乳がんと診断、周囲のリンパ節と腋窩リンパ節にも転移が認められました。手術して全て摘出した2年後、骨盤、肋骨に転移。食事療法と糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)、抗酸化物質と免疫賦活性の多糖体を投与。そのほか漢方薬を併用。現在、体調は非常によく、自覚症状も好転して多忙な本業に専念しています。

上に戻る

気管支喘息 H・Nさん(女性・26歳・看護婦)

〜仕事を休むこともあった激しい発作が短期間で解消〜

小児期から喘息があり、成長にしたがってしばらくは消えていましたが、大人になって仕事を始めるようになった数年前から再び出るようになりました。とくに最近の発作は呼吸困難の度合いが激しく、吸入をしても完全にはよくなりません。もっぱら発作止めの薬を飲んでいましたが、飲むとおさまり、薬が切れるとまた発作が出てくるの繰り返しで、仕事を休まなければないこともありました。そこで糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)をごく少量から始めたところ、発作が短期間で完全に消えました。

掌せき膿疱症・アトピー性皮膚炎 M・Sさん(女性・33歳・主婦)

〜少量の使用で手と四肢の水疱とアトピーが軽くなった〜

子供を出産後、数年前から両手にかゆみを伴った水疱がたくさんできてなかなか治りませんでした。そこで糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を少量使用したところ、手の水疱も四肢のアトピーも少しずつ軽くなってきています。

アトピー性皮膚炎 A・Tさん(女性・26歳・女性)

〜ステロイド剤をやめ代替医療法で元の皮膚に戻ってきた〜

8年前から顔や手足の皮膚がかゆくなり、乾燥状態でかさかさになり、アトピ−性皮膚炎と診断されました。皮膚科で出された軟膏を塗るとすぐによくなりますが、また悪化。8年間それを繰り返してきましたが、だんだんかゆみも皮膚のかさかさもひどくなってきたため代替療法に切り替えました。ステロイド軟膏はやめることにし、糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)と抗酸化物質、漢方薬を毎日服用しました。ステロイドの禁断症状が数ヶ月続いて非常に苦しみましたが、今は顔も首も元の健康な状態に近づいています。

上に戻る

悪性リンパ腫 K・Nさん(女性・42歳・事業家)

〜リンパ節の腫瘍が縮小してNK細胞の活性が高まる〜

十数年前、責任ある仕事で精神的に緊張の連続。16年2月頃から頚部、腋窩、鼠けい部に腫瘍を認め、診断の結果、悪性リンパ腫と診断。本人の希望で抗がん剤はまったく使わず、6月より代替療法を積極的に取り入れた結果、現在、頚部を主体にリンパ節の腫瘍は顕著に縮小しています。

脊髄小脳変性症 S・−さん(女性・60歳・コンビニ経営)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を少量から初めて3ヶ月で視線変化と手指運動が復活。

重症末期肺炎 S・Kさん(女性・65歳・自営業)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を飲み始めて2日目に熱が下がって食事もできるようになった。

拡張型心筋症 K・Kさん(男性・80歳・無職)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を使用後、2ヵ月で酸素吸入から解放され心胸比も66%に減少。

筋萎縮性側策硬化症 S・Kさん(女性・68歳・主婦)

症状が軽くなり起立歩行や炊事もできるようになった。

間質性肺炎・多発性筋炎 R・Yさん(女性・52歳・店舗経営)

「予後は不良」の定説をくつがえしてつらい症状が消えた。

上に戻る

非定型性抗酸菌症 T・Nさん(女性・60歳・主婦)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)の1ヵ月の大量療法で咳と喀痰の苦しみから解放された。

子宮内膜症、病的肥満 E・Sさん(女性・33歳・英語教師)

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を使用後、1ヵ月で5キロ減、四肢の痛みが消えて生理が復活した

糖鎖栄養素含有食品(糖鎖食品)を摂る事で、さまざまな疾患が快方に向かいます。それは糖鎖の働きが正しく活発になったことの表れです。視点を変えれば、ガンや生活習慣病の増加傾向は、私たち現代人がこれまで糖質栄養素の摂取を怠ってきたことの表れてともいえるでしょう。

糖鎖のチカラ−四海書房◎詳しい内容は、四海書房出版「糖鎖のチカラ」安藤幸来著をお読みください。
NPO法人補完代替医療推進センターCAM内 日本自然医学療法研究センター
TEL06-6943-0122 FAX06−6920−9252

上に戻る▲

免研ヤフーショッピング 機能食品販売サイト免研ラボ